なやっぽプロジェクトメンバーの細貝しょうです。

 

我が家の3歳の娘は、とにかく活発。
目を一瞬離しただけでどこかに行ってしまい、迷子になることは当たり前。
興味があるものを見つけると、そこへ猛ダッシュしていくため、目が離せません。
家族全員が翻弄されていました。

 

幼稚園のお友達は、きちんと並んで待っているのに、どうしてうちの子はできないんだろう。私の育て方が悪いのかなと、落ち込むこともありました。

が、しかし!!!

キッズコーチングの体験を受けて、
わたしの育て方の問題ではなかった!と、わかったのです!

 

キッズコーチングシニアトレーナー

加藤 佳菜 さん 

 

キッズコーチング体験講座でのアドバイスや
アドバイスの実践結果をご紹介します!

 


人は生まれながらに『気質』をもっている


キッズコーチング体験では、0歳~6歳の発達段階をわかりやすく教えてもらえました。
そして、人は生まれながらに『気質』をもっていて、その気質ごとの対処法を学んで実践していくと、驚くほど育児が楽になるとのことでした。

 

気質は全部で5タイプあります。
我が家の3歳の娘は、『アクティブ』タイプ。

 

アクティブタイプは、

●ダメと言ってもきかず、思い立ったらすぐやってみないと気が済まない

 

我が家の場合、、、
テーブルの上など高いところに飛びのり、
『危ないよ!ケガするよ』と何度注意しても、同じことを繰り返します。
とにかく動き回ってじっとしていられず、気になったものがあると、猛ダッシュです。

『落ち着きがない』というのがぴったり当てはまる子で、母であるわたしは、目が離せない状態です。毎日そんな娘を追いかけまわし、危険なことをよくしてしまうので、怒ってばかりで1日どっと疲れてしまいます。

 

特に、食事の最中は、数分は席に座っていられますが、すぐ席をたって遊んでは戻ってきて食べて、また遊んで戻って食べるの繰り返し。片付けようとすると怒るし、どうしたら良いかわからず、いつも困っていました。

 

今回はこの行動について、アドバイスをもらって改善できたことがあったので、
それをご紹介させて頂こうと思います!

 


落ち着きの無い子の対処法①
-ぎゅっとハグ作戦ー


 

アドバイスをもらって、すごく効果があったのは、食事中立ち歩いて、どこかに行ってしまったときや
母親のそばから離れてほしくない時に、遠くに走って行ってしまったときに、

 

両手を広げて1、2、3…とカウントしていると

なんと!!
喜びながら、戻ってきたのです!!

 

 

いつもは怒りながら、
『早くもどってきなさーい!!』と
追いかけまわしながら捕まらず、それだけでヘトヘト。
親の方が疲れ果てるだけだったのに、子供自ら戻ってきたのです。

 

アクティブタイプは、肌で触れ合うのが大好きだそうで、
ママやパパが両手を広げて待って、抱きしめてあげるをアピールすると
すごく喜んでくれるそうです。

 

また、我が家の子供は、数えることが好きで、お風呂の湯舟につかるのがあんまり好きではありませんが、『数を数えよっか』と、いうと喜んで入ってくれます。

 

そのことから、

「数を数えること」 + 「抱きしめてあげるしぐさ」をミックスさせたら、
驚くべき効果を発揮したのです!!

是非、同じ行動で悩んでいる親御さまは試してみて下さいね♡

 


落ち着きのない子の対処法②-声のかけ方、接し方-


アクティブタイプの子は、何でもやってみて実験しながら、色んなことを覚えていく特徴があるようです。

なので、危険なこと以外でやってみたいことがあったら、とりあえずやらせてみる。

 

例えば、麦茶や牛乳をコップに注ぎたかったら、『ダメ!』というのではなく、挑戦させてあげる。
そして、こぼしてしまったら、怒るのではなくて、『こぼしちゃったね』
『一緒に拭いてみようか』と言って、一緒に拭いてあげる。

 

そうすることで、否定されるのではなく、『自分のやりたい』を認めてもらえて、
尚且、失敗してしまってもその後の対処法を学べるので、またコップに注いで失敗しても、子供自ら後処理をしてくれるようになるので、親のイライラも減ります!

 

『ダメ』の代わりに『いいよ』を沢山使う。
そして、沢山抱きしめてあげることで、

 

アクティブタイプの子供はイキイキと成長できるようです!

是非、同じお悩みをお持ちの親御様は試してみて下さいね♡わたしも、実践して随分イライラが減りました!

 


まとめ


 

いかがでしたか?
『子育て=親育て』というように、色んな対処法を学ぶことで、
子供だけではなく、親もイキイキと子育てができるようになります。

 

キッズコーチング体験版では、

・子供の成長段階に合わせた対応法

・親の気質別の対応法

などを学ぶことができます。

 

我が家の娘の気質は、
『アクティブタイプ』でしたが、
その他にも『エンジェルタイプ』『テキストタイプ』『デリケートタイプ』『ネガティブタイプ』と、生まれながらに持つ、5つの気質があります。

お子さんがどの気質になるのか、是非調べてみてはいかがでしょうか?

↓↓↓

キッズコーチング講座の講師は、

キッズコーチングシニアトレーナー

加藤 佳菜 さん 

 

詳しいご紹介ページは

《こちら》

 

 

One thought on “落ち着きのない3歳の子供の対応法~キッズコーチング体験談より~”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です