本日、愛知県知多市の公共施設である「緑と花のふれあい公園」にてお茶会を開催しました!

 

小さいお子さん連れでも大丈夫なように和室をご用意いただき、今回はケーキセット付700円で開催しました♪

教育改革2020のお話も少しさせていただきましたが、その背景には、
・あと10~20年で約50%の職業がIT化
・現在の中学生の65%は今は存在していない職業に就く

というデータがあるそうです。
こうした、私たちの想像もつかない未来を生きる子どもたちに、その子どもたちの「こころ」を置いてけぼりにしたままで、「学校には行かないといけない」とか「集団行動ができなければならない」という考えを見直す時期にきているのではないか?

けっして行かないことを推奨するわけではないが、従来の考えを押し付けるのではなく、まず子どもたちの「こころ」に寄り添い、多様性を生きる子どもたちが「自分はこれでいいんだ」と感じられる自己肯定感を育てることが大切なのではないか?

というお話もさせていただきました。

その後、このお茶会に参加されたきっかけや困っていることなどを伺ったところ

☆学校を嫌がり、しばらく一緒に登校したら嫌ながらもがんばっている

☆本人もなぜそうなるのかわかっていないかもしれないけど、学校に行く時間になると体調が悪くなる

☆夏休みの終わりに「学校めんどくさいな」と言った息子の言葉に、ドキッとした

などのお声があり、その事柄について意見交換ができました。

今回は知多市子ども未来部 子育て支援センターで児童相談員をされている方も同席いただき、
「親同士で話をすることで親が落ち着けるのではないか」
とのお声もいただきました。

やはり学校に行けないお子さんは漠然と不安を抱えることが多く、親も一緒になって悩んでしまうと余計にお子さんの不安を増幅させてしまう場合もあります。

 

そういった意味でも、今回のようにテーマを絞ったお茶会というのは、同じ悩みを持つママが、その不安を共有できるだけで少し気持ちが楽になったり、心に余裕ができたりするので、有効ではないかなと感じました。
特に不登校問題に関しては、関心が高いという点、一人で抱え込みやすいという点から、定期的に開催していきたいなと思っています。

そして、このお茶会の様子を地元コミュニティラジオであるメディアスFMさんに取材をしていただきました!
放送は10月10日(木)15:00~ です。ぜひお聴きください♪

次回のお茶会は10月24日(木)14:00~ テーマは「イヤイヤ期」

そしてそして!10月19(土)20(日)は、おなじく愛知県知多市 緑と花のふれあい公園「秋のフェスティバル」に出展も決定しています!
詳細が決まり次第こちらでアップしていきますのでこちらもおたのしみに!

また、このお茶会で取り上げてほしいテーマなどもありましたらぜひぜひこちらのコメント欄にお寄せください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です