細貝しょう

5歳男の子(幼稚園年中) 3歳女の子(幼稚園年少)の母
公益社団法人 日本心理学会 認定心理士

 

長男は、自閉症スペクトラム、
長女は、ADHDの診断を受けて、
現在は月に1度、地元の福祉センターに臨床心理士さんと相談に行っています。
知的障害などはないため、長男・長女とも私立幼稚園、普通学級に通っています。
長男は、2歳の時に診断を受けたため療育に通い、
長女は、3歳5か月の時(幼稚園入園後)に診断を受けたため、療育には通っていません。

 

■発達相談に行こうと思ったきっかけ

 

長男は、1歳ちょっとすぎに、
電車をきれいに並べたり(ちょっとでも曲がって自分が思うようにいかないとずっと泣き続ける)、決まった洋服しか断固として着ようとしない「こだわり」や、時々我を忘れるくらい「パニック」になることがあり、市の発達相談センターに初めて相談に行きました。

そこで、臨床心理士さんや小児科の先生にみてもらった結果、
「療育」に通ってみましょう。と、言われました。

 

■療育ってなに?

 

大まかにいうと、障害のある子供やその可能性のある子供に対し、
個々の発達の状態や障害特性に応じて、自立して生活できるようにトレーニングや教育・援助をすることをいいます。

 

我が家の長男の場合は、
2歳から通い始め、入園前の3歳10か月までの約1年半通いました。

その市町村によっても、発達の状況によっても変わってくるかと思いますが、
我が家の長男の場合は、グループ療育で大体6名くらいで構成されていました。
大体1年くらいでクラス替えがありました。

グループ療育は、毎週1回、親も一緒に参加します。
内容としては、手遊びやグループ遊び、今日の遊び(例えば粘土あそび)、おやつを食べて、さようならのご挨拶で帰る。というような流れでした。

 

・療育での様子(我が家の場合)

長男の場合は、こだわりの強い性格なので、自分がやりたいこと意外は頑なにやらない性格でした。なので、療育に通った当初は、お部屋に入る事すらできませんでした。お部屋に入ろうとするととにかく泣く。自ら入るまで粘り強く待っていたり、泣いていても無理やり入れてみたり、毎週試行錯誤しながら参加しました。自分からすんなり入るようになったのは、3~4ヶ月たったころでした。

 

お部屋に入れるようになったのは、よかったけれど、
今度は頑なに集団行動を拒否するようになり、グループ遊びはわたしに抱っこされて仕方なくやるか、泣きじゃくって端っこの方に座っているかのどちらかでした。毎週毎週先生がお声がけ方法を変えて下さったり、先生やわたしも忍耐強く見守ることを続け、1年3か月後くらいにようやっと自ら進んでグループ遊びに入るようになりました。

 

■療育に通ってよかったこと

 

親であるわたしは、長男がパニックになったとき、どうしたら良いかわかりませんでした。黙らせる手段として、ビンタしたこともありました。それで長男は我に返って泣き止みましたが、わたしもこんな対応しかできなかったことが悲しかったし、長男も悲しかったし、痛かったと思います。

 

そんなお話をした時にも、療育の先生は責めることなく、否定もせずに声がけの方法などを教えてくれて一緒にこれから学んでいきましょう。と言って下さいました。

 

療育に通って一番良かったことは
親であるわたしが対応法を学べたこと

その結果、わたしも随分子育てが楽になったし、
子供もイキイキとした表情になりました。

幼稚園になじめたのもこの経験があったからだと思います。

 

 

■この経験から伝えたいこと

 

もし、育てにくさや育てづらさで悩んでいて相談に行こうか悩んでいる方は、
市の相談センターにご相談に行ってみてほしいと思っています。
何故なら、わたしは相談に行ったことでとても救われたから。

 

療育の子の中には、ダウン症の子やてんかん持ちの子、知能が遅れている子様々いました。そのお子さんにも得意分野があって、素晴らしい才能だなと感じることが多々ありました。そして、一つ一つ課題をクリアしていく様子を一緒にみて、とても感動しました。

 

何より一緒に療育に参加していた親御さまも明るい方が多く、とても救われました。

 

障害という言葉にマイナスイメージがあるかもしれませんが、
発達障害に関わる小児科の先生や、療育の先生方は、誰も「障害」としてみている方はいないと思います。

 

みなさん口をそろえて「個性」と言われます。

 

そのお子さんの「個性」を、どうしたら生かせるか、
その「個性」を社会と順応させていくか。
一生懸命、考えてくれています。

 

もし、
・発達相談に行こうかな悩んでいる方
・療育のことについて知りたい方
・細貝しょうに話を聞いてみたい方 が

 

いらっしゃいましたら、是非なやっぽの相談会にお越し下さいね!
お逢いできることを楽しみにしております♡

 

 

 

 

One thought on “相談員 細貝しょう”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です