なやっぽプロジェクト担当ミキティです♪

「学校に行かない選択をする勇気があるってすごいよね」

これは、私が学校のカウンセラーさんに聞いた言葉です。

子供が不登校渦中の私には、頭では理解できても、感情がついていかなかったなぁ…

 

子供が学校に行かないという選択をしたとき、あなたはどんな気持ちになりますか?

「これがずっとずっと続いたらどうしよう?」

私が一番最初に思ったことでした。

子供の将来を心配するが故の感情です。

 

我が家の長男は不登校を4年生の時に経験し、二人でたくさんたくさん悩みました。

学校に行かないことを責めてみたり、許してみたり、二人で泣きながらぶつかりあったり…

考えの違う主人との言い争いもありました。

そんな時期を半年以上過ごしました。

5年生になってからは元気に通えていますが、久しぶりに今朝、起きられませんでした。

学校に行かないデメリットを彼は知っています。

☆もやもやする

☆次に学校へ行く時気まずい

☆なによりゲームができない(我が家のルールです)

彼にとってこんなにもリスクがあることを、彼は選んだ。

そこには必ず理由がある、と思うのです。

それがわかったので、今日は家でゆっくり過ごしています。

我が家には次男もいます。

次男は朝起きるのが遅くなってしまい、起きられない長男を横目に、朝ごはんもそこそこに登校しました。

すごいことです。

自分だってゆっくり布団に入っていたいだろうに。

自分だってママと一緒に過ごしたいだろうに。

それをぐっとこらえて、学校へ行きました。

学校に毎日行くことは、とてもとても素晴らしいことです。

でも、その反対は…?

素晴らしくないこと、ではないはずです。

辛いときもがんばって学校に行き続けることは、きっとその子の糧となるでしょう。

でも、休んでしまった子も、将来の糧になるような経験を間違いなくしているのです。

そんなことも、なやっぽフォーラムでお話しできたらな、と思っています(^▽^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です